せとうちスタイル Vol.13

04_編集長が旅の途中で買いました
せとうちモノnote
第13回 淡路島で出会った「バック・カバー&ウォーマー」

05_Setouchi Style_Column①
光、自分のその先に
大塚一歩

08_特集
生きる場所、暮らす場所

18_生きる場所、暮らす場所①
柳生敏宏(小豆島/香川県)

26_生きる場所、暮らす場所②
山根浩揮(尾道/広島県)

34_生きる場所、暮らす場所③
豊田雅子(尾道/広島県)

46_移住と仕事の情報
(香川県/広島県)

48__Special Photo Gallery
沼島の春、祭りの日
本田史郎

56_今日も、明日も、あさっても 自分らしく、美しく暮らす。
インタビュー 田貝奈央さん

64_せとうちスタイルが気になったモノやコト_BOOK
尾道暮らしの喜怒哀楽がギュッと詰まった一冊。
尾道がグンと身近な存在に。

65_せとうちスタイルが気になったモノやコト_TRIP
瀬戸内のしまなみやエンジェルロードを一望できる
「オリーヴの森 The Terrace」

66_Special Photo Gallery
泉都日記
宮脇慎太郎

74_Setouchi Style_Column②
住む場所を選ぶことは
生き方を選ぶこと
西川伸一・真理子

76 _あるく、みるきく、たちどまる。
せとうちのまちを歩けば
第10回 たけはら町並み保存地区(広島県)

80_せとうちスタイルが気になったモノやコト_TRIP
江戸時代の商家を再生した一棟貸しの宿「多喜屋」
町にとけこむように泊まって、町をまるごと楽しむ。

82_Special Photo Gallery
春の記憶
牧浦知子

90_STU48×せとうちスタイル
彼女たちのせとうち物語

96_お弁当、つくってください。
さぬき押し抜き寿司弁当
つくった人 瀬戸内海食ラボ

98_Special Photo Gallery
潮の流れ
トム宮川コールトン

106_受け継がれていくもの 菅組・大工の系譜

114_せとうちスタイルが気になったモノやコト_LIFE
磯の香りただよう小さな港町に
古き良き時代の趣を残したシェアハウスが誕生「ayako-tei」

116_合言葉は、ええやん、ええやん
ノライヌたちの、古民家再生物語

122_Special Photo Gallery
月相 -Mirage of the moon –
青地大輔

130_おいしい、かわいい、きれいをお取り寄せ!!
せとうちスイーツCOLLECTION

134_瀬戸内の海から、島から

140_《連載》
男木島図書館ができるまで。第6回
みんなと一緒に恐れず進む
額賀順子

146_瀬戸内古墳航海録 第14回
長崎鼻古墳(高松市/香川県)
乗松真也×宮脇慎太郎

152_モノノケ島あるき遍路 其の拾肆
長勝寺(小豆島/香川県)
柳生忠平

154_せとうちスタイルが気になったモノやコト_NEWS
海の見える場所で読書を楽しむ
木造2階建て、古民家を改装した本屋さん

155_せとうちブックラバーズ 第8回
畦地梅太郎版画集『山男』
読×舎 新居萌美

会いたかった。

こんなにも、会いたかったと思ったことはありません。
大切な人や好きだった風景に会いに行く。
当たり前のように過ごしていた時間が、
じつは当たり前ではなかったとわかったとき、
会うということが、どれほどぜいたくなことだったか、
わかりました。

そんなとき思い出したのが、島のお母さんが教えてくれた
島の歩き方。細道や坂道を行ったり来たり。
ときどき立ちどまったり、振り返ったりしながら歩いてごらん。
きっとすてきな風景に会えるから。

だから、行ったり来たりしながら、考えました。
瀬戸内で暮らす幸せって何だろう。
立ちどまったり、振り返ったりしながら、つくりました。
瀬戸内で生きること、暮らすこと。

会えなかった一年が、教えてくれたこと。
会いに行けなかった一年が、気づかせてくれたこと。
瀬戸内の風景と一緒にお届けします。

せとうちスタイル Vol.12
2021年4月28日発売
B5判 160ページ
ISBN:978-4-908875-38-0
1200円(本体1091円、税109円)