せとうちスタイル Vol.9

04_編集長が旅の途中で買いました
せとうちモノnote
第9回 犬島で出会った「犬島綿毛の指輪」

05_Setouchi Style_Column①
瀬戸内海のほとりをめぐる不思議な旅
中村明珍

08_特集
瀬戸内は電車に乗って

20_瀬戸内は電車に乗って①
伊予鉄道 高浜線
(松山/愛媛)

30_Photo Story
途中下車して、渡船に乗って
(三津浜/愛媛)

38_風変わる島旅(興居島/愛媛)

42_今回の取材で出会った
せとうちスタイルな人々。

44_あるく、みるきく、たちどまる。
せとうちのまちを歩けば
番外編 讃岐に残る産業遺産 ベーハ小屋の魅力

48_せとうちスタイルが気になったモノやコト_HOTEL
メイドイン福山が随所につめ込まれた
「まちのショーケース」みたいなホテル

49_クローズアップせとうち人
六車誠二建築設計事務所
六車誠二さん

52_せとうちスタイルが気になったモノやコト_EVENT
瀬戸内の海や空を感じながら島ヨガを体験!

53_せとうちスタイルが気になったモノやコト_PROJECT
「迷路のまち民泊プロジェクト」から生まれた宿がオープン

54_迷路のまちで迷い旅
(小豆島 土庄町/香川)

58_お弁当、つくってください。
尾道を包んだせとうち巻き
おのまる商店 宇田恭子さん

60_せとうちスタイルが気になったモノやコト_STATION
生まれ変わった尾道駅舎へようこそ!

61_ Setouchi Style_Column②
場所をむすぶ目
竹崎瑞季

62_Special Photo Gallery
距離・境界
河西春奈

74_せとうちスタイルが気になったモノやコト_SHOP
豊島産いちごの魅力がたっぷりつまった「いちご家」の新メニュー

75_ヒト×シマ×モノ せとうちのいいもの・おいしいもの
旅する通販カタログ

88_《連載》
男木島図書館ができるまで。第2回
男木島に引っ越す
額賀順子

90_瀬戸内古墳航海録 第10回
大佐山白塚古墳(福山/広島) 乗松真也×宮脇慎太郎

94_モノノケ島あるき遍路 其の拾
清見寺(小豆島/香川)柳生忠平

96_せとうちinformation

102_せとうちブックラバーズ 第4回
『直04_編集長が旅の途中で買いました
せとうちモノnote
第9回 犬島で出会った「犬島綿毛の指輪」

05_Setouchi Style_Column①
瀬戸内海のほとりをめぐる不思議な旅
中村明珍

08_特集
瀬戸内は電車に乗って

20_瀬戸内は電車に乗って①
伊予鉄道 高浜線
(松山/愛媛)

30_Photo Story
途中下車して、渡船に乗って
(三津浜/愛媛)

38_風変わる島旅(興居島/愛媛)

42_今回の取材で出会った
せとうちスタイルな人々。

44_あるく、みるきく、たちどまる。
せとうちのまちを歩けば
番外編 讃岐に残る産業遺産 ベーハ小屋の魅力

48_せとうちスタイルが気になったモノやコト_HOTEL
メイドイン福山が随所につめ込まれた
「まちのショーケース」みたいなホテル

49_クローズアップせとうち人
六車誠二建築設計事務所
六車誠二さん

52_せとうちスタイルが気になったモノやコト_EVENT
瀬戸内の海や空を感じながら島ヨガを体験!

53_せとうちスタイルが気になったモノやコト_PROJECT
「迷路のまち民泊プロジェクト」から生まれた宿がオープン

54_迷路のまちで迷い旅
(小豆島 土庄町/香川)

58_お弁当、つくってください。
尾道を包んだせとうち巻き
おのまる商店 宇田恭子さん

60_せとうちスタイルが気になったモノやコト_STATION
生まれ変わった尾道駅舎へようこそ!

61_ Setouchi Style_Column②
場所をむすぶ目
竹崎瑞季

62_Special Photo Gallery
距離・境界
河西春奈

74_せとうちスタイルが気になったモノやコト_SHOP
豊島産いちごの魅力がたっぷりつまった「いちご家」の新メニュー

75_ヒト×シマ×モノ せとうちのいいもの・おいしいもの
旅する通販カタログ

88_《連載》
男木島図書館ができるまで。第2回
男木島に引っ越す
額賀順子

90_瀬戸内古墳航海録 第10回
大佐山白塚古墳(福山/広島) 乗松真也×宮脇慎太郎

94_モノノケ島あるき遍路 其の拾
清見寺(小豆島/香川)柳生忠平

96_せとうちinformation

102_せとうちブックラバーズ 第4回
『直島古民家シェア暮らし』
アカイトコーヒー 奥山尚久

104_航路図&時刻表
せとうち航路案内【忽那諸島(愛媛)編】

110_『せとうちスタイル』定期購読のご案内
島古民家シェア暮らし』
アカイトコーヒー 奥山尚久

104_航路図&時刻表
せとうち航路案内【忽那諸島(愛媛)編】

110_『せとうちスタイル』定期購読のご案内

ときどき無性に、海や島が恋しくなるときがあります。
そんなときは、机の上にパッと瀬戸内の地図を広げます。
今日はこの島と決めたら、次は航路図。
港から島まで航路図に描かれた線をたどりながら、
近くにどんな島があるか探したり、
どんな船と行き交うか、想像します。

路線図を眺めることもあります。
気になるのは、やっぱり海の近くを走る電車。
窓から見える海はどんな色をしているんだろう、
島は見えるかなあと想像するだけで、わくわくします。

電車に乗って、途中下車して渡船に乗って。
また電車に乗って、終点で降りたら、
港からフェリーに乗って、島へ渡る。
そんな瀬戸内あふれるルートを見つけたとき、
心はもう旅に出ていました。

そろそろ出かけませんか。
ふらり瀬戸内へ。