せとうちスタイル Vol.6

2018年7月20日発売

特集

港とお城のあるまちで。

おしろのまちの市 ~丸亀/香川~

港とお城、そして駅前に美術館のある町、香川県丸亀市。
この町の商店街で年に数回、不定期で開催される
マルシェがあります。
船に乗って、電車に乗って、自転車に乗って。
四国はもちろん、本州からもいろいろなお店がやって来ます。
その数約90店。
1日5000人が訪れることもある「おしろのまちの市」。
人気のマルシェがうまれたきっかけが知りたくて、
主宰者の浜本康宏さんに会いに行ってきました。

特集の冒頭では、丸亀港からフェリーに乗って
旅することができる
塩飽諸島の島々の風景を写真でご紹介しています。

音戸の舟歌と渡船

平清盛伝説の残る、音戸の瀬戸へ。
日本三大舟唄のひとつ「音戸の舟唄」と
片道わずか120m。日本一短い定期航路「音戸の渡船」を
取材しました。

写真特集:瀬戸内の幻想的なとき

岡山在住の写真家・青地大輔さんが撮影した、
「瀬戸内の幻想的なとき  Hours in Setouchi」
赤く光る月や天の川、青く輝く夜光虫など、
だれも見たことのない瀬戸内の風景を10ページに
渡って紹介します。

瀬戸内のいいもの・おいしいもの、集めました
旅する通販カタログ

おしろのまちの市で出会った「サコッシュ」や、
尾道の向島から届いたかわいいエプロン「かぶりん」、
特集でご紹介した「おしろのまちの市」からはおいしいものと
アクセサリーなど、毎日がしあわせになる
瀬戸内のモノたちの物語も島々の風景とともに紹介します。

あなたの毎日にも、
瀬戸内が、あふれますように。

 

 

Editor’s Note

写真を 見ながら、

思い 出していました。

あの 日、 瀬戸内の、

港とおしろのある 町で、

幸せな 空気につつまれたこと。

 

おいしいものと、すてきなもの。

お 客さんもお 店の 人も、みんな 笑顔で。

路地を 曲がるたび、

なんだかわくわくしました。

 

瀬戸内って、いつもそうです。

海をながめているときも、

船に 乗っているときも、

路地を 歩いているときも。

気がつくと、 心いっぱい 瀬戸内があふれて、

少し 幸せな 気持ちになる。

 

ふしぎですね。

あなたの 毎日にも、

瀬戸内が、あふれますように。

せとうちスタイル Vol.6
2018年7月20日発売
発行元:瀬戸内人
999円(本体925円、税74円)